NPO法人 シーコロジー・ジャパン

シーコロジーについて

島が直面する脅威

かつてない勢いで島の生物が絶滅している事実

photo:海・人々・ヤドカリ

過去400年間に世界の50%の動植物の90%の鳥たちが
この世から消えていきました。
またアメリカでは、動植物絶滅の72%は
ハワイで発生と記録されています。

近年における世界中の動植絶滅のほとんどが
島で起こっているのです。

珊瑚礁の状況は特に危険で
早急に救済活動が行われないと
今から50年以内に70%が死滅していくでしょう。

また、海岸や河川に茂って、島を守り、
多種の魚たちの揺りかごとなってくれるマングローブ...
地球上の50%が、既に破壊されました。
そして現在もマングローブ林は
商業開発などのために滅びつつあります。

島は水位が低いので地球の温暖化の被害を最も受けやすいのです。

島の人々(先住民)は大変貧しく、限られた財政のため
自分たちにとって大切な自然環境と彼ら独自の文化を守りたくても
外部からの開発の圧力に抵抗もできません。

経済圧迫と誘惑の間にはさまってジレンマを起こします。

loading...